ビオフルの成分に危険性は?下痢になる副作用の真相を徹底調査!

ビオフル成分

 

ダイエットや腸内環境を整える目的で使用される方が多いビオフル

 

嬉しい効果の裏には危険成分はないのか?副作用はないのか?

 

メチャクチャ気になりますね。

 

口コミには書かれていない裏の情報をお伝えできればと思っています。

 

今からビオフルの購入を考えている方には、どんな成分が入っているのか危険はないのかを知ってもらうべく調査したのでご覧下さい。

 

 

ビオフルの全成分の一覧

ビオフル副作用

 

まずはビオフルに含まれている全成分を一覧にしてみました。

 

全成分に含まれる危険だと思うポイントも詳しく掲載していますので参考にしてみて下さい。

 

【ビオフルに配合されている全成分】

デキストリン、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、酪酸菌末(澱粉、酪酸菌、乳糖)、有胞子性乳酸菌末、ビフィズス菌末、殺菌乳酸菌末、食物発酵抽出物、イソマルトオリゴ糖、ギムネマシルベスタ抽出物、フラクトオリゴ糖、りんご酢末、/HPMC、ステアリン酸Ca、ゲル化剤(ジェランガム)、キトサン、リンゴ酸、(一部に乳成分・かに・大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・やまいもを含む)

 

ビオフルに配合されている成分をチェックすると体に害のある成分は含まれていませんでした。

 

ですが!食物アレルギーには注意が必要です。

  • 乳成分
  • かに
  • 大豆
  • ごま
  • オレンジ
  • りんご
  • バナナ
  • キウイフルーツ
  • カシューナッツ
  • やまいも

 

多くの成分が含まれているビオフルは食物アレルギーのある人は原材料を十分に確認したうえでの購入をオススメしたいです。

 

あと1つ注目の成分である難消化性デキストリン

 

特定保健用食品(トクホ)にも含まれている難消化性デキストリン。代表的なのはダイエットコーラーやコーヒーなどに使われていますね。

 

ダイエットコーラー

 

 

 

難消化性デキストリンにはこんな作用があるんだ!

 

  1. 食後の血糖値上昇を抑制する作用
  2. 中性脂肪の上昇を抑制する作用

 

この2点が優れた作用として注目されています。難消化性デキストリンは食物繊維の一種なので便秘に悩む方にもオススメできる成分でもあります。

 

 

ビオフルを飲むと副作用で下痢になる!?

下痢

 

便秘解消=下痢になる

 

極端に言えばこのようなことが考えられますよね。

 

 

 

ビオフルを飲むと下痢になる!副作用がでた!

 

このような口コミを目にすることがあります。

 

ですがビオフルは健康食品ですので医薬品のような副作用はありません!

 

副作用はありませんが、さきほど説明したとおり食物繊維の一種である難消化デキストリン成分が入っているので日頃から腸の弱い方がビオフルを服用すると下痢になる確率は高くなります。

 

ですが、それはビオフルの効果が強力だと言われているようなもの。

 

 

 

最後におさらい!

 

  • 食物アレルギーのある人
  • 極端に腸の弱い人

両方または、どちらかに当てはまる人はビオフルの購入はやめた方がいいと思います。

 

なので購入前の成分チェックは必ず目を通すようにしておきましょう。

 

それでも一度試してみたいと思うハートの強い方でもビオフルには安心できる返金保証が付いています。

 

保証

 

最悪、試してみて体に合わなかったら返金してもらえます。何度も言いますが食物アレルギーの方は無理を絶対にしないでくださいね。

 

実際に購入しビオフルの口コミを暴露していますので、そちらも参考にしてみて下さい。
>>辛口評価!ビオフルの口コミを暴露してみた

TOPへ